美容室JOY

美容室joyからのブログを掲載しています。
キャンペーン情報やその他おトクな情報なども随時更新していきますので是非ともチェックしてみてください。


2017/06/09
 
前回紹介したトリートメントのお話。

089394D7-46E4-4D1A-8E4B-A0C088D2CADE

こんにちわ。美容室joyのツカチャンこと塚崎善行です。

ツカチャンって、どんな人?と思った方は

 

 

<ここをクリック!!>

 

 

 

最近はインスタグラムにスタイルを上げるようにしており

 

 

撮りためた画像から、ブログでは解説付きでお話ししようかと…

 

 

 

まず、JOYでは毎月のお客様が200人近く来られます。

 

 

ほとんどの方が、染めたりパーマかけたり、シャンプー&ヘッドスパやトリートメントをされ

 

 

 

カットだけで帰られるお客様は1割ほどですね。

 

 

 

その中でも、シャンプー&ヘッドスパはほとんどの方がしていただき

 

 

次に多い施術はトリートメントです。

 

 

 

長年の経験で、「同じ髪質、同じ量、同じ髪型」のお客様は絶対にありませんでした。

 

 

その中で私自身の考えとして、「すべての技術のレシピ化」ということは最大の問題だったと思います。

 

 

例えば…

 

 

ラーメン屋でスタッフによって味が変わるラーメンは提供できませんよね。

 

 

それと同じで、美容の技術を誰が提供しても同じにできるようにすることが大切だと思っております。

 

 

ただ、先ほど言いましたように、この仕事で一番難しいところは

 

 

同じ髪質髪型が誰もいないということです。

 

 

そうすると、メーカーの作ったこれで全て大丈夫です!!なんて物は存在しないと私は思っております。

 

 

特にトリートメントに関しては、痛み具合、髪の多さ、長さよって大きく変わってきます。

 

 

この画像のお客様はもうかれこれ10年以上のお付き合いですが

 

 

ずっと、このレングスのロングを保っていただいております。

 

 

 

ロングというのは、ある程度の長さになってしまうと切れ毛が目立ってきます

 

 

また、年齢が上がることによってツヤとか、手触りが悪くなってきます

 

 

今、巷でよく聞く「エイジング毛」って髪ですね。

 

 

ハイパーブリーチした髪を修復はできません

 

 

また、縮毛矯正での「ビビリ毛」を直すこともできません

 

 

ブリーチに関しては、ブリーチしないことが痛まないことですし

 

 

縮毛矯正は毛先をビビらせない技術が必要になってきます。

 

 

それ以外の「エイジング毛」に関しては全ての髪に対して

 

 

「修復可能」というアプローチでいます。

 

 

 

カラーで膨潤して手触りが悪くなってるのか?

 

 

普段のお手入れの中でドライヤーやアイロンの熱変性によって傷んでいるのか?

 

 

パーマの収斂作用で髪が硬くなっているのか?

 

 

年齢によるエイジング毛で傷んでいるのか?

 

 

その一つ一つを絡まってできた毛玉をほぐしていくような作業が必要になってきます。

 

 

 

その中で薬剤の選考、放置時間を決めていきます。

 

 

画像のスーパーロングを維持するために

 

 

約6種類のトリートメント剤を調合しています。

 

 

髪の内部を修復する物、髪にツヤを出す物、髪に潤いを与えるもの、手触りをよくする物

 

トリートメント効果を持続させるもの、熱変性から守ってくれる物。

 

 

その6種類を、オリジナルで配合しています。

 

 

このレシピは企業秘密と言っても過言ではありません。

 

 

作ってるメーカー様にも教えたことはありません。

 

 

 

結局、美容師の仕事は一人一人のお客様の髪に合わせてどこまでアプローチできるものを提供できるかだと思っています。

 

 

さ〜、今日も頭使って仕事しよ!!!

 

 

じゃ、また。