美容室JOY

美容室joyからのブログを掲載しています。
キャンペーン情報やその他おトクな情報なども随時更新していきますので是非ともチェックしてみてください。


2017/04/24
 
おかげさまで、4月で物件契約3年になりました。

IMG_2050

こんにちわ。美容室joyのツカチャンこと塚崎善行です。

ツカチャンってどんな人?と思った方は

 

 

<ここをクリック!!>

 

 


翠ちゃんが入店して、早2ヶ月になろうとしています。

 

今年も、すでに3分の1が終わりそうです。

 

 

子供の頃、父親に

 

 

「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず」と誰が言ったかわかりもしない文言をよく言われたものです。

 

 

子供の頃は、「ふ〜〜〜ん…」くらいにしか思っておりませんでしたが、

 

 

今となっては本当にそのとうり…

 

 

ちょうど、3年前…

 

 

政策金融公庫、不動産、工務店、ディーラー…等々との毎週火曜日の打ち合わせに奔走しておりました。

 

 

環8沿線のジョナサンで工務店、ディーラー、ホームページ作成の3社をそれぞれ違うテーブルで待ってもらい

 

 

そのテーブルを私が移動しながらの打ち合わせをしていたことは、今となっては笑い話です。

 

 

よくあの頃、頭がパンクしなかったな〜と思います。

 

 

3ヶ月のタイムスケジュールが全部頭の中に入っていたのは、今の自分じゃ考えられないですね…w

 

 

 

やっぱ、本当にやりたいことは、アドレナリンが出まくるんでしょうね…

 

 

 

ちょうど3年前の今頃…

 

 

まさかこのような形で店があるとは夢にも思っていませんでした。

 

 

 

家族にも、誰にも言いませんでしたが。本当は眠れない日々が続いておりました。

 

 

毎日毎日、口座とにらめっこ…

 

 

店を作るにあたって、たくさんの関係者からの「ここはどうしますか?」

 

の答えを事前に考えておかなければいけないし

 

 

関係ない人の「良かれと思ったアドバイス」に惑わされたり…

 

 

家族には心配かけさすまいとして、やたら強がってみたり…

 

 

本当は泣きそうなくらい怖かったです…

 

 

独立準備の中で思ったことは

 

 

雇われで、会社の不満ばかり言ってる人は一度、起業してみるといいですよ。

 

 

住宅ローンではなく、自分個人で借金を背負って、やってごらん…

 

 

起業した人の大変さがわかるから。

 

 

 

「子を持って初めて親の気持ちがわかる」と言われるように

 

 

独立して初めて雇ってくれてたことの安定がわかりますよ。

 

 

 

結果も出せず、努力もせず…日がな一日をただ過ごす

 

 

そんな日々に給料が払われる時代は、もう幻想でしかありません。

 

 

店を構えるということは、0からお金を作るということです。

 

 

何もないところから、自分で売り物を考え

 

 

価値を高め、それを「良い」と思ってくれるお客様を集客し

 

 

また来てもらえるようなサービスを提供し、

 

 

初めて、売上というものが生まれ、

 

 

店を継続するための家賃、経費、並びに人件費、借金返済、税金などを引いた後の残りわずかな金額が手元に残る。

 

 

雇われている時とは、売上に関する考え方がまるっきり違います。

 

 

しかも、私は店の中で1番上に立つプレーヤーでもある。

 

 

日々の営業の中で、常に売上というものを意識していないといけない立場でありながら

 

 

そのような顔をお客様には微塵も見せず、笑顔で接客。

 

 

 

とにかく、自分が売上を上げていかない限りは店もなくなり

 

 

給料も払えず、家族も食っていけなくなる。

 

 

3年前のオープン時には鬼気迫るものがありました。

 

 

全ては私の両腕にかかってる。

 

 

本音を言えば誰かに投げ出したかった。逃げ出したかった。泣き付きたかった。

 

 

でも誰にもこの現実を任せられる人もいないし、

 

 

 

もし誰かに言っても「お前がやりたいって言ったことじゃん」と言われると思う。

 

 

孤独だったな….

 

 

今日、お客様との会話の中で

 

 

「ずっと誰かと一緒に仕事してると、今日みたいに一人営業もいもんですよ」…w

 

 

なんて言ってたけど。

 

 

あの頃、一人でいることがどんなに怖かったか。

 

 

電話がなって、予約が入ったことがどんなに嬉しかったか。

 

 

また来ます!!!の一言がどんなに自信につながったか。

 

 

それが、今じゃ〜3年になりますよ….

 

 

 

 

 

一周年はスタッフと一緒にお祝いできませんでした。

 

二周年も同じ。

 

 

この話を今の翠ちゃんとアルバイトちゃんに言うと…

 

 

「ありえなくないですか!!!!….w」

 

「絶対、三周年は一緒にしましょう〜〜〜」

 

 

と昨日、言ってくれました。

 

 

今年の7月7日。

 

 

いよいよ開業、3年になります。

 

 

「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず」

 

 

今日という日を頑張った人にだけ、未来はあります。

 

 

3年前のあの時、頑張ったから、今があるんです。

 

 

これからも、毎日毎日を大切にしていきますので

 

 

みなさん、よろしくお願いいたします。

 

 

じゃ、また。